俳優・女優

岡田健史は高校野球部でイケメン捕手!創成館や少年時代の画像まとめ

岡田健史は高校野球部でイケメン捕手!5年間芸能スカウトの過去!

ドラマ「中学聖日記」で俳優デビューしたイケメン俳優の岡田健史。

そんな岡田健史は高校時代強豪野球部に所属しており、そのころからかなりイケメンだったと話題になっています。

今回は、岡田健史の高校野球部時代のイケメン画像や5年間スカウトされ続けたエピソードなどをまとめていきます。



岡田健史の高校ではイケメン野球部員として注目!

岡田健史の高校ではイケメン野球部員として注目!

ドラマ「中学聖日記」で一気にブレイクした岡田健史ですが、高校時代は強豪野球部に所属していました。

ここでは、岡田健史の高校野球部時代のイケメン画像やポジション・成績などをまとめていきます。

高校は野球強豪の創成館

高校は野球強豪の創成館

岡田健史の通っていた高校は、甲子園に出場したこともある強豪の創成館高校

岡田健史は、中学時代まで実家の福岡市に住んでいました(福岡市立和白丘中学校出身)。

岡田健史はまじめで努力家な性格と言われていて、中学生のころも毎日コツコツ練習を重ねていました。

高校は野球強豪の創成館

創成館高校からスポーツ特待生として合格し、高校からは長崎で寮生活を送ることになりました。

野球部のイケメンキャッチャー

岡田健史の野球部時代の画像を見ると、明らかにイケメンですね。

岡田健史が進学した創成館高校は、長崎県の中でも甲子園に出場する強豪校。

そのため、なかなかレギュラーポジションにつくことができませんでした。

岡田健史は野球部のイケメンキャッチャー

高校3年生になって、キャッチャーを任されるようになった岡田健史は、

甲子園出場を賭けた長崎大会の3回戦でスタメン出場し、4打数2安打の好成績を残します。

岡田健史は野球部のイケメンキャッチャー

当時は、イケメンキャッチャーとして生徒や親の間でも注目の的に。

甲子園の夢は一歩叶わず

甲子園の夢は一歩叶わず

しかしチームは準々決勝で敗退し、甲子園出場はかないませんでした

ベンチの裏に行ったら保護者の方がバーっていらっしゃって、その時に両親の顔を見たら思いがこみ上げてきて。今まで自分勝手に野球をやらせてもらったのに、しかも家族と離れてすごくお金もかかるのに、協力してくれたのに、結果を出せなくてごめんっていう気持ちで涙が出ました。

岡田健史は、試合後にこれまで協力してくれた家族をみて、涙を流したそうです。



小学生の頃から野球一筋

岡田健史は小学生から野球一筋

実は岡田健史は、小学校2年生のころから野球を始め高校卒業まで野球一筋でした。

小学生の頃は、本格的な硬式野球チーム「ヤング福岡ライナーズ」に所属。

そのころの岡田健史の画像がこちら。↓

岡田健史は小学生から野球一筋

将来イケメンになりそうな美形なのがわかります。



岡田健史 高校野球部引退後の演劇部で優勝!

岡田健史 野球部引退後の演劇部で優勝

惜しくも甲子園の夢が叶わなかった岡田健史ですが、野球部引退後はひょんなことから演劇をすることになり、演劇の成果に注目が集まることになります。

ここでは、岡田健史の演劇部での功績をまとめていきます。

助っ人として演劇部に参加

助っ人として演劇部に参加

野球部を引退しあとは高校卒業を待つのみだった岡田健史でしたが、

そんなある日、男性キャストを探していた高校演劇部の顧問の先生が校長先生から岡田健史を薦められたそうです。

岡田健史を演劇キャストに進めるとは、校長先生も岡田健史のイケメンぶりを知っていたということでしょうか?

助っ人として演劇部に参加

演劇部から依頼を受けた岡田健史は、はじめは前向きではなかったそうです。

高校には野球の特待生で入れていただいたのに、甲子園にも行けず、まったく結果を出すことができなくて。

自分をここまで成長させてくれたのは、充実した学校生活のおかげだと思っていたので、なにか恩返しができないかなと考えていたんです。そんな時に、ちょうどそのお話があったので「やろう」と思いました。

特待生として入学した創成館高校で野球部員として結果を出せなかった岡田健史は、

高校生活の最後に「恩返しがしたい」という思いが芽生え、演劇部の依頼を受けることになりました。

「いったいどんなできた高校生なんだ」と思ってしまいますね。

九州大会優勝 名指しで評価される

県大会優勝 岡田健史は名指しで評価される

岡田健史は初めて臨んだ舞台で、なんと全国大会にまで選出されます。

そして県大会では、審査員から名指しで評価を受けることに。

なかなか高校演劇で、名指しで評価をもらえる生徒は少ないんだとか。

これまで名指しで直接評価してもらったことが少なかった岡田健史は、うれしくなり演劇をすきになることに。

親の猛反対があったものの、岡田健史は高校卒業と同時に俳優を目指すことになります。



岡田健史は高校野球部時代まで5年間スカウトされ続けていた!

岡田健史は中学時代から5年間スカウトされ続けていた

岡田健史の凄いエピソードは高校生活だけではなく、随分前から芸能スカウトされ続けていた最強エピソードがあると話題です。

芸能事務所から5年間ずっとスカウト

芸能事務所から5年間ずっとスカウト

岡田健史は高校3年生の頃に、今の芸能事務所「スパイスパワー」からスカウトされ芸能界入りしています。

しかし実は、岡田健史が中学1年生の頃からスパイスパワーからスカウトされ続けていました。

“中1の冬で、給食袋の袋を振り回しながら帰っているときに呼び止められて。次の日も同じところにいて、今度は2人に増えてる!恐怖を感じて道の反対側を歩こうとしたら、こういう者ですって、改めてスカウトされました。”

引用:VOGUE GIRL with BOY FRIEND

2日間にわたって学校の帰り道に岡田健史をマークしていたとは、驚きですね。

芸能事務所のスパイスパワーは岡田健史が中学生のころから、芸能界での将来を確信していたということでしょう。

芸能事務所のスパイスパワー

岡田健史の中学生時代の画像は、残念ながら見つかりませんでしたが、

中1のころから相当なイケメンだった岡田健史の伝説エピソードですね。

しかし岡田健史は、小学生のころから続けていた野球に一筋だったので、スカウトは毎度お断りしています。

野球一筋だった岡田健史は、スカウトを何度もお断り

そしてスポーツ特待生として、創成館高校に進学し寮生活を送ることになりました。

その後も、将来は社会人野球の道に進もうと目標を立てていたそうです。

もし高校野球部引退後に演劇部と出会わなければ、そのまま社会人野球の道に進んでいたかもしれませんね。

それにしても、芸能事務所のスパイスパワーもよく岡田健史を5年間も待ち続けていたとは、

岡田健史の武勇伝として語り継がれそうですね。