未分類

バッテリー内蔵スマホケースの選び方|旅人は軽量タイプがおすすめ!

今回は、海外旅行に便利なバッテリー内蔵スマホケースの特長と選び方についてご紹介していきます。

 

iPhoneやAndroidといったスマートフォンは、きれいな写真を撮れたり地図アプリを使って目的地への経路検索ができたりと、海外旅行のスマホ利用は近年になってますます便利になってきています。

そんな便利なスマホですが、利用していて気がかりな点は長時間利用でありがちなバッテリー切れです。旅の途中でスマホのバッテリー残量が少なくなって、慌ててモバイルバッテリーからコードを繋いで充電しないといけなくなったりといろいろと不便ですよね。

 

そんな不便なバッテリー充電を解決してくれるのが、バッテリー内蔵スマホケースです。

 

 

バッテリー内蔵スマホケース とは?

バッテリー内蔵スマホケースは、スマホケースにバッテリーが埋め込まれており、スマホケースのスイッチを押すだけでスマホのバッテリーが充電されます。

そのため充電に面倒なコードを繋ぐ必要がなく、バッテリー残量が少なくなっても普段通りにスマホを利用できる便利なアイテムです。

 

バッテリー内蔵スマホケースの選び方

バッテリー内蔵スマホケースは、2,000円台から気軽に手に入れることができます。

ここでは旅行に持っていく上で重視したいバッテリー内蔵スマホケースの選び方についてご紹介します。

 

軽量タイプのスマホケースを選ぶ

バッテリー内蔵スマホケースは、バッテリーが内蔵されている分一般的なスマホケースに比べて重くなりやすいです。スマホケースに内蔵されるバッテリー容量も製品によって異なりますが、基本的にバッテリー容量が大きいほどスマホケースが重くなる傾向があります。

 

旅行中には、肌身離さずスマホを携帯することが想定されます。スマホで写真を撮ったり、地図アプリで目的地までの経路を確認したりと外出先でスマホを操作することが多くなります。

そのため、スマホが重くなりすぎて操作しづらいことになっては逆に不便になってしまいます。長時間スマホを持ち続けることで起こる手の腱鞘炎も心配されます。

 

バッテリー内蔵スマホケース選びでは、内臓バッテリーが大容量で重いものよりも、容量は少なめでも軽量タイプのバッテリー内蔵スマホケースを選ぶことで、操作性を良くすることがポイントです。

操作のしやすいバッテリー内蔵スマホケースの重さの目安は、100g以下です。それ以上の重量があるスマホケースは片手で操作するのが難しくなってきます。

 

充電に必要なバッテリー容量

バッテリー内蔵スマホケースのバッテリー容量で、何回分の充電を補えるのかは気になるところです。

iPhoneXのバッテリー容量は約2,800mAhとされています。1日に1回の充電をバッテリー内蔵スマホケースで補うには、3,000mAh以上の容量があるスマホケースを選ぶのが目安となってきます。1日に1~2回の充電を補うには5,000mAh程度の容量のあるバッテリー内蔵スマホケースを購入すれば十分であることがわかります。

 

5,000mAh程度のバッテリー容量であれば、重量が100g以下のバッテリー内蔵スマホケースを見つけることができます。

 

PSEマークの有無確認

バッテリー内蔵スマホケースを選ぶ際には、本体にPSEマークが記載されているかどうかを確認しましょう。

2019年以降、リチウムイオンバッテリーの安全基準を満たした製品にPSEマークが付与されることになりました。逆にPSEマークが記載されていない製品は、安全性が十分に担保されていない可能性があるので、購入は控えましょう。

 

機内持込可能なタイプ

バッテリー内蔵スマホケース本体にバッテリー容量(Wh・mAh)の記載があるかどうかを確認しておきましょう。

バッテリー容量の記載がない場合、手荷物検査で確認を受けた際に没収されてしまう可能性があります。

 

ストラップ取付可能タイプもおすすめ

旅行中は外出先でスマホを操作することが多いため、落としたりひったくりの被害に遭うリスクが付きまといます。スマホを落下などから防止するために、ストラップが取り付けられる穴があるバッテリー内蔵スマホケースを選ぶのもおすすめです。

しかしストラップ用の穴がない場合でも、スピーカー部分の穴でストラップを括り付けることができます。ただし耐久性は保証されていないので、ストラップがあるからといってぶら下げて持ち歩くのは、ひったくりのリスクもありおすすめできません。

 

バッテリー内蔵スマホケース 注意点

バッテリー内蔵スマホケースを所持している上での注意点をまとめました。特に航空機搭乗時に注意点があります。

 

受託手荷物への預りはNG

バッテリー内蔵スマホケースは、モバイルバッテリーと同様にスーツケースに入れて受託手荷物で預けることができません。

そのため飛行機に搭乗する際は、必ず手荷物として機内に持ち込みましょう。

 

バッテリー持ち込み数制限に注意

モバイルバッテリーの持ち込み数は、航空会社により制限が設けられており、バッテリー内蔵スマホケースも手荷物検査でモバイルバッテリーとしてカウントされる場合があります

航空機搭乗前には、あらかじめ航空会社のホームページでバッテリー持ち込み数を確認しておくことをおすすめします。

 

バッテリー内蔵スマホケースの選び方 まとめ

旅行中に携帯するのにおすすめなバッテリー内蔵スマホケースの選び方をまとめました。

 

[st-mybox title=”バッテリー内蔵スマホケース 選び方のポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 100g以下の軽量タイプがおすすめ
  • 5,000mAhの容量があれば十分
  • 本体にPSEマーク・容量記載があるか確認
  • ストラップ取付可能タイプがおすすめ

[/st-mybox]