MENU
タレント

松岡充のスポーツカーの名前や値段は?炎上した場所はどこ?

松岡充のスポーツカーの名前や値段は?炎上した場所はどこ?

松岡充のスポーツカーが都内で炎上したことがニュースで取り上げられ話題となっています。

今回は、気になる松岡充のスポーツカーの名前や値段、そして炎上した場所についてまとめていきます。

松岡充のスポーツカーの名前は何?値段はいくら?

松岡充のスポーツカーの名前は何?値段はいくら?

SOPHIAのボーカル松岡充の愛車スポーツカーの名前は、シボレーコルベット

青いボディーがカッコイイですね。

GM(ゼネラルモーターズ)のシボレーブランドとして販売されるアメリカ製のスポーツカーです。

1968年式のコルベットということで、かなり希少性が高いスポーツカーとされていて、過去に松岡充がメディアで紹介していました。

スポーツカー炎上のニュースを見た人からは、松岡充のスポーツカーなのでは?と言われえるほど珍しい車種だったそうです。

松岡充のスポーツカーの名前は何?値段はいくら?

今回炎上してしまった松岡充の1968年式コルベットはいくらするのか?値段を調査しました。

1968年式のコルベットは「C3型」とも言われているそうで、中古車として日本でも販売されていました。

松岡充のスポーツカーの名前は何?値段はいくら?

値段は、500万円とかなりお高いと言うわけではなさそうです。

新車の高級ワゴン車を買えるくらいの値段でしょうか。

ただ、半世紀以上も前に作られたコルベットの維持費はかなりの額になることが予想されますね。

また燃費もかなり悪そうなので、長距離を走るときにはガソリン代もかなりかかりそうで、一般人が所有するには荷が重すぎそうです。

松岡充のコルベットの炎上した場所は?原因は?

松岡充のコルベットの炎上した場所は?原因は?

2020年8月22日、松岡充の所有するコルベットが炎上し、消防によって消し止められました。

気になる炎上した場所は、東京都世田谷区にある小田急小田原線の千歳船橋駅付近です。

小田急線沿線の路上に車を停めていたそうです。

幸い、松岡充にけがはありませんでした

松岡充が話すには、「乗っていたら焦げ臭いにおいがして、急いで車から離れたら、その後内部から出火した。」と言っていました。

自家用車については、「整備メカニックチームと長年、これでもかと手をかけてきた愛車」「この日は専門店で数ヶ月かけての入念な整備から車が帰ってきた翌日の出来事でした」と説明。出火原因は不明で、現在も専門家を通して原因究明中であることもコメントしています。

引用:Yahoo!ニュース

出火の原因は、車内の電気系統だと言われています

数か月に及んだ整備を終えた翌日に、炎上してしまったとのことでショックが大きいかもしれません。

Tom
@Tom_Lumber

アイアンバンパーのスティングレイが・・・。 これエンジンや燃料じゃなく電気系統から火でも出てFRPボディが燃えた感じだな。整備きちんとしてても、電気系が腐るのは見落としがち、というかチェック至難だからなぁ。

ただいくらカッコいいスポーツカーといっても、かなり古い車であることは間違いないので、ショートや漏電を起こす可能性は、新しい車より高いことは間違いなさそうです。