MENU
タレント

ガクトの筋トレメニューや食事メニューがストイック!自宅でもOK!

ガクトの筋力トレーニングや食事メニューがストイック!自宅でもOK!

タレントのGackt(ガクト)の筋力トレーニングや食事メニューがストイックすぎると話題になっています。

今回は、気になるガクトのストイックすぎる筋トレメニュー・食事メニューをまとめていきます。

ガクトの筋トレメニュー

ガクトの筋トレメニュー

ガクトの筋トレは、基本的に

  • 腕立て伏せ
  • 懸垂
  • 腹筋

をしているそうですが、中でも自重トレーニングに力を入れています

自重トレーニングは、自分の体重を使って負荷をかけるトレーニング方法です。

お金持ちのガクトなら、高価なトレーニングマシンを使って、ガンガン筋トレをしているイメージが想像できますが、

実はマシンは一切使わないトレーニングを推奨しているようです。

これなら、ジムに行かなくても自宅でトレーニングができそうですね。

2017年4月4日に都内で行われたPRイベントで、ガクトは自身が行う筋トレメニューとして自重トレーニングを紹介していました。

①デクラインプッシュアップVer.1

一つ目の自重トレーニングが、デクラインプッシュアップ

ガクトの筋トレメニューは自重トレーニング

椅子やバランスボールに足を乗せて行う腕立て伏せで、上腕三頭筋を鍛えることができます。

  1. 椅子を二脚用意する
  2. 片足ずつ乗せて腕立て伏せの形に
  3. 手は肩からまっすぐ下に降ろして、お尻が少し盛り上がるようにする
  4. 手をパーの形にし、右手の中指を2時の方向、左手の中指を10時の方向に向ける
  5. 両肘をあばらにつけるイメージで上半身を下げていく
  6. 【5】の時、顔はしっかりと前に向ける。
  7. 地面を押すように元に戻す

引用:https://smartlog.jp/122022

重心が上半身に移動し、自分の体重を有効に腕に伝えられるんですね。

②デクラインプッシュアップVer.2

ガクトが考案したデクラインプッシュアップには別バージョンがあり、手を向ける方向が異なります

  1. 椅子を二脚用意する
  2. 片足ずつ乗せて腕立て伏せの形に
  3. 両手は肩幅2個分ほど離す
  4. 手をパーの形にし、右手の中指を4時の方向、左手の中指を8時の方向に向ける
  5. あばらの筋肉が刺激されてるのを意識して体をゆっくり下げていく
  6. 【5】の時、顔は常に前を向いておく
  7. 限界まで下げたら地面を押して素早く戻る

引用:https://smartlog.jp/122022

こちらのバージョンでは、大胸筋やウィング(あばら近くの筋肉)を鍛えることができます。

一日に行う回数が気になりますが、ガクトはそれぞれのバージョンを40回×3セット行っているそうです。

かなり負荷が大きいので、やったことのない人は回数を減らして徐々に増やしていくのがよさそうです。

③バイシクルクランチ

もう一つのガクト考案自重トレーニングは、バイシクルクランチというトレーニング。

ガクトの筋トレメニューは自重トレーニング

下腹部と腹斜筋を鍛えられる自重トレーニングで、お腹周りのお肉が気になる人でも気軽に取り組めます。

  1. 座布団やクッションなどをお尻の下に置く
  2. 両足と上半身を少しだけ地面から浮かせる
  3. 右膝を折って、お腹に太ももをつける
  4. 浮かせた状態で右足を思いっきり伸ばす
  5. 【4】の時、左の太ももをお腹につけます
  6. この動作を繰り返す

引用:https://smartlog.jp/122022

気になる回数ですが、ガクトは右足と左足それぞれ1日に40回×3セットトレーニングしているそうです。

④ガクト考案クランチ

そしてクランチというトレーニングもガクトが考案したバージョンがあります。

ガクトの筋トレメニューは自重トレーニング

このガクトが考案したクランチでは、僧帽筋・腹直筋・大腿四頭筋・大臀筋といったお腹から腰・太ももにかけて、幅広い筋肉を鍛えることができます。

  1. 座布団やクッションなどを用意する
  2. 両足と上半身を地面から軽く浮かせておく
  3. 【2】の時、足を軽く内股にする
  4. 両膝と鎖骨を合わせるように体をスピーディーに近づける
  5. 膝と鎖骨がくっついたら、元の状態に素早く伸ばす

引用:https://smartlog.jp/122022

きちんとやろうとすると少し難しそうですが、かなりお腹周りを鍛えられそうです。

クランチも、ガクトは1日40回×3セット行っているそうです。

毎日欠かさず、トータル3時間みっちりトレーニングをしているガクト。

自宅でできる自重トレーニングでも、これほどの回数をこなし続けるのはなかなか難しいですね。

ガクトのトレーニングに対するストイックさが良くわかります。

ガクトの食事メニュー

ガクトの食事メニュー

ガクトの食事メニューの一番の特徴は、1日1食しか食事をしないということです。

朝:オリジナルドリンク

昼:食べない

夜:たくさん食べる

基本夕食しかしっかりと食事をとらないそうです。

糖質はほとんど摂らない

ガクトの筋力トレーニングや食事メニューがストイック!自宅でもOK!

そして夕食のメニューにもこだわりがあり、たくさん食べるけど、糖質はほとんど摂取しないようにしているそうです。

ガクトは、糖質制限の食事メニューを10年以上続けています

以前までには、糖質だけでなく肉類や酒類も摂らずに野菜中心のベジタリアンメニューを食べていたそうです。

今では、牛肉以外の肉類やお酒も飲んでいるそうですが、糖質制限は徹底しています。

朝にオリジナルジュース

そして、朝食はきちんと摂らないもののガクトオリジナルドリンクを飲んでいるそうで、どんな飲み物なのか気になりますね。

以前情報番組で、ガクトオリジナルドリンクのレシピを公開していました。

ガクトオリジナルドリンク

  • ニンジン (生)3本
  • りんご 2個
  • トマト 1個
  • ブロッコリー(生)1株(子房に分けて)
  • パプリカ (生)1/2個(赤でも黄色でも)
  • パセリ 2束

これらの果物と野菜をジューサーに入れれば出来上がりです。

オリジナルドリンクの中身を見ても、体によさそうであることがわかりますね。

また別バージョンのオリジナルドリンクレシピもありました。

  • ニンジン

  • パプリカ(赤・黄・オレンジ)

  • ブロッコリー

  • パセリ

  • ほうれん草

  • ピーマン

  • ゴーヤー

  • りんご

  • キウイフルーツ

  • レモン

これは2010年の「はなまるマーケット」にゲスト出演した際のおめざとして紹介されました。

朝にオリジナルドリンクを飲むのは、20年近く継続しているガクト

しかしオリジナルドリンクの中身は、いろいろと改良もされているようでこれからもどんな野菜や果物を入れていくの見ていきたいと思います。